示談の交渉がもつれている場合にも無料相談を活用

弁護士はそれぞれで得意とするジャンルや内容が異なっており、借金問題に強いところもあれば離婚問題に強いところもあり、他にも示談交渉に強いところなどもあります。例えば交通事故の被害に遭ってしまった方の示談交渉を代わりに行ってもらうなどの場合には、示談交渉に強い弁護士での相談をした方が良いのは言うまでもありません。

 

基本的に、交通事故の示談はスムーズに進むことの方が珍しく、特に被害者側からの言い分が強ければ強いほど、示談はもつれがちとなります。怪我の程度が大きい場合にも示談はスムーズには進みづらくなってしまい、面倒になって保険会社が提示する示談内容で納得をしてしまうと結果的に数十万円や、場合によっては数百万円といった金額を損をすることもあります。

 

弁護士に依頼をして示談を進めることは、何も悪いことではありません。交通事故の被害者となってしまった方が妥当な金額で賠償金を受け取るため、被害者としての権利を守るためには当然のことであり、何も保険会社の言いなりになって示談を進める必要はないのです。

 

そもそも、保険会社は賠償金の支払額を少なくしようと考えているため、被害者側への情といったものはありません。怪我が大きくても、加害者側の過失が大きくても保険会社は交通事故の賠償金の支払いを減らすこと、少なくすることしか考えていないため、そのまま進めたのでは被害者側が損をするだけとなってしまうのです。

 

最近では交通事故被害者の弁護士相談もメジャーになってきており、多くの事務所で交通事故無料相談を受けてくれるようになっています。しかし、その中でも交通事故の示談交渉に強いところとそうでないところは分かれるので、多くの解決実績を持っている弁護士事務所に話を聞くようにし、解決のための依頼を行うと良いでしょう。