借りたお金から考えて遥かに大きな額を請求する闇金

闇金は違法な貸付で法外な利息を請求するところとなり、取り立ても正規の貸金業者とは比べ物にならないぐらいに暴力的なために関わり合いを持ってはいけないところとなります。しかし、お金に困ってしまうなどの理由で闇金からお金を借りてしまう方も依然として多く、闇金の被害に悩まされる方はいつの時代も存在してしまっています。

 

闇金の主な手口や暴力的な電話での取り立てとなります。本人の携帯電話などの連絡先に宛てられる電話から始まり、それでも取り立てに応じない場合には家族や会社の方々への言いふらしや嫌がらせとなります。

 

それでも支払いがされないと悪質な闇金では近所の方々への嫌がらせなども行うので、普段の平穏な暮らしが続けられなくなってしまうばかりか、会社自体もクビになってしまう可能性もあります。

 

これだけ激しく厳しい取り立てがされると、親戚などを頼ってお金を集め、闇金に言われるがままの金額を支払ってしまう方もいます。元々の借りたお金が数万円でも、延滞金などの名目で数十万円を請求される場合もあり、異常なまでの高利息の支払いとなってしまうのです。

 

もちろんこれだけの利息は違法であり、法外です。本来は支払う必要が無いお金となっているので、闇金で困っている、被害に遭っているといった方は、高額な闇金の取り立てに屈してお金を支払ってしまうのではなく、弁護士や司法書士などの闇金問題に強い専門家に相談をすると良いです。

 

専門家であれば闇金に対する対応にも慣れているので、それ以上に被害が拡大しないように解決を進めてくれるのです。